【原神】元素/元素反応について

元素/元素反応とは

原神において「属性」にあたる重要な要素です。
元素は6つ+1つの種類があり、様々な組み合わせで「元素反応」を引き起こします。
元素反応が発動するとそれぞれ追加ダメージや追加効果が発生します。

元素反応一覧表

-画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 5-1.png画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 3-1.png画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 4-1.png画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 6.png画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 7.png画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 2-1.png
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 5-1.png-拡散拡散拡散拡散-
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 3-1.png拡散-蒸発融化過負荷結晶
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 4-1.png拡散蒸発-凍結感電結晶
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 6.png拡散融化凍結-超電導結晶
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 7.png拡散過負荷感電超電導-結晶
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 2-1.png-結晶結晶結晶結晶-

元素反応の効果

  • 拡散(風+炎or水or氷or雷)
    追加ダメージを与えて、対象に付与されている元素を周囲の敵に付与します。
    注意:風元素単体では元素を付与できません。他の元素を先に付与してから、風元素スキルを当てる必要があります。

  • 結晶(岩+炎or水or氷or雷)
    自身にシールドを付与します。(キャラ交代後も持続)
    注意:岩属性単体では元素を付与できません。他の元素を先に付与してから、岩元素スキルを当てる必要があります。

  • 蒸発(炎+水)
    追加ダメージを与えます。

  • 融化(炎+氷)
    追加ダメージを与えます。

  • 過負荷(炎+雷)
    対象を中心とした火属性範囲ダメージを発生させます。
    このダメージは一部の硬い物体を破壊します。

  • 凍結(水+氷)
    対象を凍結させ、動きを停止させます。

  • 感電(水+雷)
    対象に雷属性ダメージを持続的に与えます。

  • 超電導(氷+雷)
    対象を中心とした氷属性範囲ダメージを与え、対象の物理防御力を50%低下させます。

  • 燃焼(炎+草)
    対象を燃やし、触れた敵に持続的な炎ダメージを与えます。
    草はフィールドに発生しているものか、モンスターの持つ木の盾などが該当します。

元素を持つ敵

一部のモンスターは恒久的に元素属性が付与されています。
これらはその元素属性のダメージを無効化します。

他の元素であれば即座に元素反応が発動し、優位に戦闘を進めることができます。

元素共鳴

チーム編成中の4人のメンバーの元素属性により、パーティ全体に発生する効果。
複数同時に発動させることが可能。

編成元素 発動共鳴 効果
異なる元素×4人 交錯の守り ・全元素耐性+15%
炎元素×2人 熱誠の炎 ・味方の水元素付着の継続時間-40%
・攻撃力+25%
水元素×2人 治療の水 ・味方の炎元素付着の継続時間-40%
・被回復量+30%
風元素×2人 迅速の風 ・スタミナ消費-15%
・移動速度+10%
・スキルのクールタイム-5%
雷元素×2人 強権の雷 ・味方の水元素付着の継続時間-40%
・超電導、過負荷、感電のいずれかを発生時、100%の確率で雷元素粒子を生成する。クールタイム5秒。
氷元素×2人 粉砕の氷 ・味方の雷元素付着の継続時間-40%
・氷元素付着または凍結状態の敵を攻撃する時、会心率+15%。
岩元素×2人 不動の岩 ・連撃中断耐性が上昇する。
・シールドが存在する時、与ダメージ+15%。

属性ごとの特徴(味方キャラクター)

炎元素

結晶を除く元素反応のほとんどが追加ダメージ効果を発生させるダメージ特化の属性です。
草のあるフィールドや盾持ちの敵に対して強く、フィールドギミック面でも燭台の火を灯すのに必要なことも多いです。
どんな編成でも最低1人の育成を推奨します。

水元素

炎との元素反応「蒸発」が強力なので、炎キャラと同時に育成するのがお勧めです。
氷との元素反応「凍結」は貴重な敵の拘束手段です。氷共鳴「粉砕の氷」と合わせるとより強力です。
元素共鳴の回復UPは序盤の進行中はあまり必要ないため、まずは元素付与目的で1人育成すれば十分だと思います。

氷元素

炎との「融化」がダメージを稼ぎやすいですが注目すべきは雷との「超電導」です。
貴重な物理防御デバフを付与でき、通常攻撃が強力なキャラとの相性が非常に高いです。
該当キャラが七七/重雲/ガイアの3人と少なく、七七も重雲も引けなかった場合は育成は後回しにしてもいいかも。

雷元素

炎との「過負荷」で範囲ダメ、水との「感電」で持続ダメ、氷との「超電導」で防御ダウンと使い分けられる組み合わせが魅力の元素です。
該当キャラが5人と多く、強力なキャラも多いため誰を採用するか悩む人が多いかも。
共鳴効果を発動すれば5秒に1回元素エネルギーを回復できるため、雷元素キャラのスキル回転は他元素よりも効率が良いのも○。
元素反応の汎用性に優れる属性のため、1人は育成推奨です。

風元素

岩を除く4属性と「拡散」を行える編成に組み込みやすい属性です。
1人育成すれば戦闘面では十分ですが、風共鳴でフィールド探索において便利なステータスが上昇するので共鳴目的で主人公以外にもう1人編成できると探索が快適になります。

岩元素

風と除く4属性と「結晶」を行えますが、追加ダメージはなくシールドを付与する防御寄りの属性です。
その分共鳴効果が強力でシールド付与中であれば凄まじいダメージを叩き出します。
風と違い元素を消費する属性のため序盤では元素付与が回りきらないことが多く、ギミック以外での出番は少ないかもしれません。
凝光や主人公(岩)の星座を開放し、元素チャージの上がる聖遺物を揃えてからが本番の元素です。

プレイヤー側に対する元素デバフ

敵から付与されたり、地形効果によりプレイヤーキャラクターにかかるデバフの一覧です。

  • 炎上(炎)
    持続的なダメージを受けます。

  • 湿潤(水)
    スキルのクールダウン時間が増加します。

  • 帯電(雷)
    元素エネルギーが徐々に減少します。

  • 凍結(氷)
    操作不能な状態になります。ボタン連打で素早く解除することが出来ます。

0
スポンサーリンク

記事が気に入ったらTwitterのフォローを!

おすすめの記事